修了生

【コメント】過去、長岡研究室、長岡・川上研究室、川上研究室のDDSチームとして指導した院生・学生も記載 *は責任著者

清水莉乃:2024年3月修士課程修了(朝山研究室)、2022年3月学部卒業(朝山研究室)
2023年度修士論文「糖鎖とコレステロール結合体ベシクルによる肝実質細胞特異的Zn2+デリバリーシステムの構築」  
2021年度卒業論文「Zn2+デリバリーシステムのためのZn2+内包細胞ターゲティングベシクルの調製」
野田奈々美:2024年3月修士課程修了(朝山研究室)、2022年3月学部卒業(朝山研究室)
2023年度修士論文「糖鎖修飾ポリビニルイミダゾール/メタロポルフィリン複合体のDDSおよび抗酸化機能評価」  
2021年度卒業論文「Znポルフィリン/肝実質細胞認識性キャリア複合体によるZn2+デリバリー」 
美細津蓮:2024年3月修士課程修了(朝山研究室)、2022年3月学部卒業(朝山研究室)
2023年度修士論文「In situ筋再生治療を志向した双性イオン型キャリア合成を組織内拡散性遺伝子デリバリー」  
2021年度卒業論文「 双性イオン型高分子/pDNA特殊PICによるin vivo遺伝子送達」
R. Misaizu, Y.E. Takahashi, K. Nirasawa, Y. Negishi, and S. Asayama*, Diffusive Delivery of Plasmid DNA by Using Zwitterionic Carboxyalkyl Poly(1-vinylimidazole) into Skeletal Musclein Vivo,Biomaterials Science, accepted.
R. Misaizu, Y. Negishi, S. Asayama*, Synthesi ofN-oxide Poly(1-vinylimidazole) for pDNA Delivery SystemsIn Vivo, Chemistry Letters, in press. 
木村理工:2023年3月修士課程修了(朝山研究室)、2021年3月学部卒業(朝山研究室)
2022年度修士論文「アニーリング処理pDNA/Zn2+/キャリア複合体形成によるin vivo骨格筋内遺伝子送達」  
2020年度卒業論文「グアニジニウム末端修飾PEG/pDNAモノイオンコンプレックスによるin vivo遺伝子送達評価」
R. Kimura, K. Nirasawa, Y. Negishi, S. Asayama*,Tunable Gene Expression in Skeletal Muscles by the Molecular Weight of PEG Chain Length of Plasmid DNA Mono-Ion Complexes, Chemistry Letters, 51, 840-843 (2022). 
小堀優果:2023年3月修士課程修了(朝山研究室)、2021年3月学部卒業(朝山研究室)
2022年度修士論文「コレステロール末端短鎖PEGを被覆した長期安定バイオイナート表面の構築」  
2020年度卒業論文「部分疎水化CM-PVImの生体適合性バイオマテリアルとしての機能評価」
田原親明:2023年3月修士課程修了(朝山研究室)、2021年3月学部卒業(朝山研究室)
2022年度修士論文「イミダゾール/Mnポルフィリン擬似活性中心構築に基づくカタラーゼ活性誘導医薬品指向型バイオマテリアル設計」  
2020年度卒業論文「ポリビニルイミダゾール誘導体/Mnポルフィリン結合型カタラーゼミミック分子設計」
今 稜斗:2023年3月修士課程修了(朝山研究室)、2021年3月学部卒業(日本大学)
2022年度修士論文「グアニジニウムデンドリマー型pDNAキャリアの合成と浮遊血球系細胞への遺伝子導入」(MIP受賞)  
2020年度卒業論文「調製条件が中空球状バクテリアセルロースゲルのゲル膜の厚さと繊維密度に与える影響」
R. Kon and S. Asayama*, Synthesis of Guanidinium-Dendrimer-Type pDNA Carriers for Gene Delivery into Floating Blood Cells, Polymers for Advanced Technologies, 34, 3289-3295 (2023).
森愛美香:2022年3月修士課程修了(朝山研究室)、2020年3月学部卒業(朝山研究室)
2021年度修士論文「結合安定型pDNA/PEGモノイオンコンプレックスの分子設計とin vivo遺伝子デリバリー」  
2019年度卒業論文「モノ/ジカチオン性PEGの合成とin vivo遺伝子送達における構造活性相関」
A. Mori, Y. Kobayashi, K. Nirasawa, Y. Negishi, and S. Asayama*, Structure-Activity Relationship of Mono-Ion Complexes for Plasmid DNA Delivery by Muscular Injection, Pharmaceutics, 13, 78-88 (2021).       
横山正真:2022年3月修士課程修了(朝山研究室)、2020年3月学部卒業(朝山研究室)
2021年度修士論文「インスリン肝分解抑制を指向した肝実質細胞認識性糖鎖修飾ZnポルフィリンのZn2+デリバリー」  
2019年度卒業論文「細胞認識性糖鎖修飾Znポルフィリン錯体の合成と細胞特異的Zn2+送達」(MIP受賞)     
佐藤莉奈:2022年3月修士課程修了(朝山研究室)、2020年3月学部卒業(東京都市大学)
2021年度修士論文「カタラーゼ擬似活性中心を表面に有する機能性血液透析膜の開発」  
2019年度卒業論文「酵素リパーゼを用いたトレハロースエステル合成の効率化に向けた反応溶媒の検討」
R. Sato and S. Asayama*, Design of the Functional Dialysis Membrane with Catalase Pseudo-Active Center on the Surface、Langmuir, in press.     
竹内啓貴:2022年3月修士課程修了(朝山研究室)、2020年3月学部卒業(日本大学)
2021年度修士論文「イオン液体を用いた血中滞留型プロテインデリバリーシステムの構築」  
2019年度卒業論文「生分解性高分子への芳香環の導入とドラッグデリバリー担体としての応用」     
遠藤暁人:2021年3月修士課程修了(朝山研究室)、2019年3月学部卒業(朝山研究室)
2020年度修士論文「肝細胞特異的Zn2+/pDNA共送達システムの構築」  
2018年度卒業論文「生体適合性ポリビニルイミダゾールによる細胞内Zn2+デリバリー」
A. Endo and S. Asayama*, Hepatocyte-Specific Co-Delivery of Zinc Ions and Plasmid DNA by Lactosylated Poly(1-vinylimidazole) for Suppression of Insulin Receptor Internalization, Pharmaceutics, 13, 2084-2093 (2021). 
A. Endo, T. Nagakura, H. Kawakami, and S. Asayama*, Synthesis and Characterization of Lactosylated Poly(1-vinylimidazole) for Cell-Specific Plasmid DNA Carrier, Internal Medicine and Care, 4, 1-5 (2020).
A. Endo and S. Asayama*, Preparation of Zn2+-Chelated Carboxymethyl Poly(1-vinylimidazole) for Intracellular Zn2+Delivery, Journal of Minerals and Materials Characterization and Engineering, 7, 213-220 (2019).       
小林祐貴:2021年3月修士課程修了(朝山研究室)、2019年3月学部卒業(朝山研究室)
2020年度修士論文「骨格筋内Zn2+/pDNA共送達キャリアの分子設計および筋細胞分化誘導への応用」(MIP受賞)  
2018年度卒業論文「pDNA/PEGモノイオンコンプレックス構造最適化によるin vivo持続的遺伝子発現向上」(MIP受賞) 
Y. Kobayashi and S. Asayama*, Design of the Zinc Ion and Plasmid DNA Co-Delivery System by Poly(1-vinlimidazole) Derivatives for Myoblast Differentiation, ACS Applied Bio Materials, 5, 5754-5761 (2022).
Y. Kobayashi, K. Nirasawa, Y. Negishi, and S. Asayama*, Noncorrelative Relation betweenIn VitroandIn Vivofor Plasmid DNA Transfection by Succinylated Polyethylenimine Muscular Injection, Journal of Biomaterials Science, Polymer Edition, 32, 405-416 (2021).
Y. Kobayashi, S. Taneichi, H. Kawakami, Y. Negishi, and S. Asayama*, Plasmid DNA Mono-Ion Complex for In Vivo Sustainable Gene Expression, ACS Omega, 4, 11464-11471 (2019).       
喬 海波:2021年3月修士課程修了(朝山研究室)、2017年7月学部卒業(鄭州大学)
2020年度修士論文「Functional Evaluation of pDNA Mono-Ion Complexes after Thermal Treatments(pDNAモノイオンコンプレックスの熱処理による機能評価)」  
2017年度 材料科学与工程学院(School of Materials Science and Engineering)卒業
H. Qiao and S. Asayama*, Guanidinopropyl End-Modified Poly(ethylene glycol) to Form Highly Compact Plasmid DNA Mono-Ion Complexes by Thermal Treatment, Polymers for Advanced Technologies, in press.
曽根祐哉:2020年3月修士課程修了(朝山研究室)、2018年3月学部卒業(川上研究室)
2019年度修士論文「コレステロール末端修飾PEGによるバイオイナート表面構築」  
2017年度卒業論文「コレステロール末端修飾PEGによる高密度PEG修飾バイオマテリアル表面の構築」 
Y. Sone, M. Nogawa, and S. Asayama*, Designing a Bioinert Surface by Simple Coating with Cholesterol End-Modified Poly(ethylene glycol), Langmuir, 36, 12045-12052 (2020).       
永倉大賀:2019年3月修士課程修了(川上研究室)、2017年3月学部卒業(川上研究室)
2018年度修士論文「細胞認識性遺伝子キャリアとしての糖鎖修飾ポリビニルイミダゾールの合成」  
2016年度卒業論文「Zn2+/pDNA共送達システムによる糖尿病治療へのアプローチ」        
A. Endo, T. Nagakura, H. Kawakami, and S. Asayama*, Synthesis and Characterization of Lactosylated Poly(1-vinylimidazole) for Cell-Specific Plasmid DNA Carrier, Internal Medicine and Care, 4, 1-5 (2020).
種市さくら:2018年3月修士課程修了(川上研究室)、2016年3月学部卒業(川上研究室)
2017年度修士論文「生分解性モノイオンコンプレックスによるin vivo持続的遺伝子発現システムの構築」         2015年度卒業論文「生分解性モノイオンコンプレックスによる生体個体内pDNAデリバリー」 
Y. Kobayashi, S. Taneichi, H. Kawakami, Y. Negishi, S. Asayama*, Plasmid DNA Mono-Ion Complex for In Vivo Sustainable Gene Expression, ACS Omega, 4, 11464-11471 (2019).  
長嶋果南:2017年3月修士課程修了(川上研究室)、2015年3月学部卒業(川上研究室)
2016年度修士論文「コレステロール末端修飾PEGによる非共有結合PEG化法の開発」(MIP受賞)             2014年度卒業論文「タンパク質へのPEG非共有結合修飾のためのモノイオンコンプレックス構造最適化」(MIP受賞)    S. Asayama*, K. Nagashima, Y. Negishi, and H. Kawakami, By-Product-Free Intact Modification of Insulin by Cholesterol End-Modified Poly(ethylene glycol) for In Vivo Protein Delivery,Bioconjugate Chemistry,29, 67-73 (2018).      
S. Asayama*, K. Nagashima, and H. Kawakami, Facile Method of Protein PEGylation by a Mono-Ion Complex, ACS Omega, 2, 2382-2386 (2017).     
坂田瑞希:2016年3月修士課程修了(川上研究室)、2014年3月学部卒業(川上研究室)
2015年度修士論文「Zn2+/pDNA共送達システムの構築による細胞機能制御」(MIP受賞)                2013年度卒業論文「亜鉛配位アルキル化ポリビニルイミダゾール遺伝子キャリアの合成と構造活性相関」(MIP受賞)    S. Asayama*, M. Sakata, and H. Kawakami, Structure-Activity Relationship between Zn2+-Chelated Alkylated Poly(1- vinylimidazole) and Gene Transfection,Journal of Inorganic Biochemistry, 173, 120-125 (2017).       
野原 敦:2015年3月修士課程修了(川上研究室)、2013年3月学部卒業(川上研究室)
2014年度修士論文「モノイオンコンプレックスによるin vivo遺伝子デリバリーシステムの構築」(MIP受賞)       2012年度卒業論文「新規生体適合性分子修飾法によるDNAの機能化」(MIP受賞)                    S. Asayama*, A. Nohara, Y. Negishi, and H. Kawakami, Plasmid DNA Mono-Ion Complex Stabilized by Hydrogen Bond for In Vivo Diffusive Gene Delivery,Biomacromolecules, 16, 1226-1231 (2015).                S. Asayama*, A. Nohara, Y. Negishi, and H. Kawakami, Alkylimidazolium End-Modified Poly(ethylene glycol) to Form the Mono-Ion Complex with Plasmid DNA for In Vivo Gene Delivery,Biomacromolecules, 15, 997-1001 (2014).     
辰巳 亮:2012年3月学部卒業(川上研究室)
2011年度卒業論文「遺伝子発現向上のための生理活性イオン配位効果及び新規DNA修飾法の開発」          
松田宏紹:2013年3月修士課程修了(川上研究室)、2011年3月学部卒業(川上研究室)
2012年度修士論文「亜鉛イオンによる遺伝子発現上方制御及びin vivo送達型キャリアの合成」
2010年度卒業論文「生理活性イオン配位ポリプレックスによる遺伝子発現向上」                    S. Asayama*, K. Matsuda, Y. Negishi, and H. Kawakami, Intracellular Co-Delivery of Zinc Ions and Plasmid DNA for Enhancing Gene Transfection Activity,Metallomics, 6, 82-87 (2014) (Selected for Inside Front Cover).
熊谷喬生:2012年3月修士課程修了(川上研究室)、2010年3月学部卒業(川上研究室)
2011年度修士論文「メチル化ポリヒスチジン核酸キャリアによるsiRNA及び遺伝子デリバリーシステムの構築」(MIP受賞) 2009年度卒業論文「siRNAキャリアとしてのメチル化ポリヒスチジンの合成とRNA干渉」(MIP受賞)           S. Asayama*, T. Kumagai, and H. Kawakami, Synthesis and Characterization of Methylated Poly(L-histidine) to Control the Stability of its siRNA Polyion Complexes for RNAi,Bioconjugate Chemistry, 23, 1437-1442 (2012).
妹尾耕造:2012年3月修士課程修了(川上研究室)
2011年度修士論文「カルボキシメチル化ポリビニルイミダゾールの合成と遺伝子導入促進機能の評価」          S. Asayama*, K. Seno, H. Kawakami, Synthesis of Carboxymethyl Poly(1-vinylimidazole) as a Polyampholyte for Biocompatibility,Chemistry Letters, 42, 358-360 (2013).
西之原聡:2011年3月修士課程修了(川上研究室)、2009年3月学部卒業(川上研究室)
2010年度修士論文「亜鉛配位イミダゾール基介在DNA三元複合体による遺伝子発現向上」               2008年度卒業論文「亜鉛配位ポリビニルイミダゾールによる新規遺伝子デリバリーシステムの構築」(MIP受賞)      S. Asayama*, S. Nishinohara, and H. Kawakami, Zinc-Chelated Poly(1-vinylimidazole) and a Carbohydrate Ligand Polycation Form DNA Ternary Complexes for Gene Delivery,Bioconjugate Chemistry, 22, 1864-1868 (2011).    S. Asayama*, S. Nishinohara, and H. Kawakami, Zinc-Chelated Imidazole Groups for DNA Polyion Complex Formation,Metallomics, 3, 680-682 (2011).
袴谷友恵:2010年3月修士課程修了(川上研究室)、2008年3月学部卒業(長岡・川上研究室)
2009年度修士論文「アルキル化ポリビニルイミダゾールによる無毒性高効率遺伝子デリバリーシステムの構築」(MIP受賞) 2007年度卒業論文「新規pH応答性遺伝子キャリアとしてのアルキル化ポリビニルイミダゾールの合成」          S. Asayama*, T. Hakamatani, H. Kawakami, Synthesis and Characterization of Alkylated Poly(1-vinylimidazole) to Control the Stability of its DNA Polyion Complexes for Gene Delivery,Bioconjugate Chemistry, 21, 646-652 (2010).
須藤美由紀:2009年3月修士課程修了(川上研究室)、2007年3月学部卒業(長岡・川上研究室)
2008年度修士論文「細胞質内移行性ポリペプチドを用いた高効率遺伝子デリバリーシステムの構築」           2006年度卒業論文「カルボキシメチル化ポリヒスチジンを用いたpH応答的DNAデリバリー」               S. Asayama*, M. Sudo, S. Nagaoka, and H. Kawakami, Carboxymethyl Poly(L-histidine) as a New pH-Sensitive Poly- peptide to Enhance Polyplex Gene Delivery,Molecular Pharmaceutics, 5, 898-901 (2008).  
関根 崇:2007年3月修士課程修了(長岡・川上研究室)、2005年3月学部卒業(長岡研究室)
2006年度修士論文「細胞ターゲティング能を有する新規pH応答性遺伝子デリバリーシステムの構築」(MIP受賞)     2004年度卒業論文「アミノ化ポリヒスチジン遺伝子キャリアーの発現活性評価」                    S. Asayama*, T. Sekine, H. Kawakami, and S. Nagaoka, Design of Aminated Poly(1-vinylimidazole) for a New pH- Sensitive Polycation to Enhance Cell-Specific Gene Delivery,Bioconjugate Chemistry, 18, 1662-1667 (2007).
S. Asayama*, T. Sekine, H. Kawakami, and S. Nagaoka, pH-Dependent Dissociation of Carbohydrate Ligand Polycations from DNA Ternary Complexes,Chemistry Letters, 35, 100-101 (2006).
S. Asayama*, T. Sekine, A. Hamaya, H. Kawakami, and S. Nagaoka, Poly(L-histidine) with Several Aminoethyl Groups for a New pH-Sensitive DNA Carrier, Polymers for Advanced Technologies , 16, 567-570 (2005).
小川 藍:2007年3月修士課程修了(長岡・川上研究室)
2006年度修士論文「核酸二重鎖を用いた新規pH応答性ドラッグキャリアの創製」(MIP受賞)              S. Asayama*, A. Ogawa, H. Kawakami, and S. Nagaoka, Double-Stranded RNA Homopolymer Poly(rC)∙Poly(rG) for a New pH-Sensitive Drug Carrier,Molecular Pharmaceutics, 5, 162-164 (2008).
加藤洋行:2006年3月修士課程修了(長岡研究室)
2005年度修士論文「新規pH応答性ドラッグキャリアとしてのカルボキシメチル化ポリヒスチジンの合成」         S. Asayama*, H. Kato, H. Kawakami, S. Nagaoka, Carboxymethyl Poly(L-histidine) as a New pH-Sensitive Poly- peptide at Endosomal/Lysosomal pH,Polymers for Advanced Technologies, 18, 329-333 (2007).
水島佳織:2004年3月修士課程修了(長岡研究室)
2003年度修士論文「アクティブターゲティング能を有する新規糖鎖修飾型Mnポルフィリン錯体の合成とその抗酸化機能」  S. Asayama*, K. Mizushima, S. Nagaoka, and H. Kawakami, Design of Metalloporphyrin-Carbohydrate Conjugates for a New Superoxide Dismutase Mimic with Cellular Recognition,Bioconjugate Chemistry, 15, 1360-1363 (2004).
濱屋 藍:2004年3月学部卒業(長岡研究室)
2003年度卒業論文「pH応答性を有する新規アミノ化ポリヒスチジン遺伝子キャリヤ―の合成」
S. Asayama*, T. Sekine, A. Hamaya, H. Kawakami, and S. Nagaoka, Poly(L-histidine) with Several Aminoethyl Groups for a New pH-Sensitive DNA Carrier, Polymers for Advanced Technologies , 16, 567-570 (2005).