朝山研究室は、人類の健康を維持しQOLを向上させるバイオマテリアルを創製しています。

  •  DDSを主な対象としたバイオマテリアルを創製しバイオ医薬品等の広義の医薬(核酸、タンパク質、生理活性亜鉛)を、未だ治療法の無い疾患に適応させ、先端かつ均質医療を実現します。更に、バイオマテリアル自体に、根治治療効果を有する新奇なバイオマテリアルを創製します。また、医療デバイスへも展開します。当研究室では、生化学、有機化学、高分子化学、分子細胞生物学、薬学、医学を融合した学際研究により、人類の医療と福祉(生活環境)に貢献します。

ニュース

2024年07月10日
第40回日本DDS学会学術集会で朝山、M2の大場君、共同研究企業のミヨシ油脂株式会社の金子様が発表しました(開催期間:7月10日~11日)。
2024年06月22日
第3回生命金属科学シンポジウムでM1の後藤君が発表しました(開催期間:6月22日~23日)。
2024年06月10日
論文(美細津蓮君:2024年修士修了)がBiomaterials Scienceにアクセプトされました。論文タイトルは「Diffusive Delivery of Plasmid DNA by Using Zwitterionic Carboxyalkyl Poly(1-vinylimidazole) into Skeletal Muscle in Vivo」です。 
2024年06月06日
第73回高分子学会年次大会で朝山が発表しました(開催期間:6月5日~7日)。
2024年05月28日
12th World Biomaterials Congress (WBC2024)のシンポジウム「Biomaterial-assisted gene therapy to treate musculoskeletal disorders」の口頭発表にアクセプトされ朝山が発表しました(開催期間:5月26日~31日)。
» 続きを読む